kikori2660 tumblr.
 これによって、じつはさらに大きなメリットが生まれました。PC 側のブラウザに搭載されている非常に高機能なデバッグ機能をまるまるスクリプト開発に活用できるようになったのです!一般的にはあまりしられてないかもしれないのですが、このデバッグ機能の便利さは圧倒的で、一度使ったら他のスクリプト言語を使いたくなくなるくらい、すごいものです。一説では、Chrome の開発の大部分がこのデバッグ機能の開発に当てられいるという噂があるくらい。

ikantenggelem:

Kiseiju Movie part 1

Mysterious worm-like aliens fall from the sky. They penetrate through the ears or nose into human beings and live off their brain while dominating the body. Now with human appearance, the parasites live among humans.

Cast Shota SometaniAi HashimotoEri FukatsuMasahiro Higashide

Info , video

ottomatome:

egyo:
Source: http://ift.tt/1yauZgghttp://ift.tt/Xca3V4
galaxyaurora:

segalogo-transparent

galaxyaurora:

segalogo-transparent

以下、映画と全然関係ない話です

先日、AV屋さんで見た光景を整理し、己の心の中に消化するために、ここに書いておきたいとおもう。
あれは金曜日の夜であった。仕事を終えた私は、近所のAV屋で何かしらの商品を買おうと思い、5キロ先まで足を延ばすことにした。そして色々な商品を眺めながら、十五分もした頃だろうか。
ドタドタドタドタ!
誰かが店内に駆け込んでくる音がした。普通、ああいう店では、客は紳士的に振る舞うものである。事実、私の傍らで580円均一中古コーナーを見ていた老人も、極めて紳士的に、商品を大切そうに扱っていた。
「駆け足で入ってくるとは不粋な……、何をそんなに急いでいるのか?」
程なくして、派手な足音の主が見えた。
派手なシャツに金のチェーン。パンチパーマにサングラス。絵に描いたような「その筋」の人であった。
「これはただ事ではないぞ」
私はそう思った。心なしか、お隣のご老人も緊張しているようである。
男はそのまま店内の「大人の玩具コーナー」に入って行った。そして、再び、
ドタドタドタドタ!
派手な足音をさせながらカウンターに向かった。幾つかの商品を抱えて…。
「いらっしゃいませ」
店員の声が聞こえた。
「おう!」
男の声がした。典型的な、日常会話が恫喝に聴こえる様な、ドスの効いた声であった。
そんなドスの効いた声で、男は続けた。
「おまえ、チ×コ大きくなるジュポジュポする機械ってどれだよ?」
やはり、ただ事ではなかった。店内に緊張が走る。お隣のご老人も、それまで和やかな顔だったのに、男の発言を聞くや否や、眉間に皺を寄せ、腕を組んだ。
「ジュポジュポするやつでチ×コが大きくなるって聞いたんだよ!」
「お客様、それはですね……」
店員は何と答えるのだろうか?店内すべての意識が注がれる。
「このTENGAというものは、そういう商品ではございません」
TENGA、いわゆるオナホールである。男性器を挿入し、上下運動を行うことで、快楽を得る器具だ。ただ、あくまで快楽を得るための器具であり、少なくとも私は、男性器を大きくする効果があるとは聞いたことがない。
「これ、チ×コをジュポジュポするやつやろ!」
「いえ、これはジュポジュポはしますが、大きくはなりません」
店員の誠実な対応が胸を打つ。気付けば、お隣の老人はDVDコーナーに背を向け、完全にカウンターを注視している。
「じゃあチ×コを大きくするジュポジュポはないんか?」
「それは…恐らくですね…」
店員さんはそう言うと、店の奥に入ってゆき、段ボール箱を持って戻ってきた。
「こちらになるかと思います」
それは、エロ本やエロ広告で一度は見たことがあるものだった。そう、あのポンプである。筒状の中に男性器を挿入し、空気圧で増大させるというアイテムだ。
「これで大きくなるんかい?」
男が問う。
その瞬間、もはや「コト」は一人の客と店員の会話ではすまなくなった。
男の問いは、誰もが思ってはいるが聞けないことだった。男はそれを口に出したのだ。
やがて、店員が口を開いた。
「お客様、正直に申し上げますと、確実に増大するとは断言できません。また、とても長い時間と、相応の訓練が必要になります。しかし、その訓練と時間を費やしても、100%確実に増大するとは断言できません」
真摯な回答であった。商品の性質とリスクをきちんと説明したのだ。しかし、それは真摯ではあるが残酷な回答だった。大きくなるか分からない、しかし相応の訓練と時間を費やす必要がある……それは可能性と言う無限の大海で宝島を捜すようなもの。
この回答を前に、男はどう答えるのか?
さすがの男も、購入を躊躇するのではないか?
そんな私の考えは、すぐさま打ち砕かれた。
ヘッ、上等だよ
この時、この会話は男たちの寓話へと昇華された。
可能性という海はあまりに広い。多くの船員たちの命を飲み込む。しかし、それでも、大海に漕ぎ出さねば宝島には辿り点けないのだ。男は漕ぎ出した。それも「上等だ」と天にうそぶいて。
「ありがとうございましたー」
店員の声が響く頃、店内は確実に、数十分前とは違う空気に満たされていた。
確かに俺たちは見たのだ。嵐の海へ漕ぎ出す男の姿を。その船出を。
これから先、俺たちも色々な困難に出くわすだろう。だがしかし、その度に、俺たちは今日見た光景を思い出すのだ。
店を出ると、大きな月と目が合った。それはまるで、圧倒的な力で私を見下ろす強者のよう。
思えば、仕事でやらねばならないことが山積みだ。これから先、不可能なことにも挑戦しなければならないだろう。しかし、しかしだ……
「上等だよ」
私はそう呟き、ニヤリと笑った。
あるヨーロッパのエージェントは、以下のように言っていました。

『イギリスが例え独立を思い止まらせても、これからイギリスが落とす¨小切手¨の額は半端な金額ではなく、かつ最も重要な威厳を失ったことはイギリス連邦にとりもの凄いダメージを与えることになる。

また、この¨小切手¨をみてヨーロッパの他の独立を求めている連中に火をつけたことは確かであり、事前に「小切手は切るな。ヨーロッパ中がとんでもないことになるぞ」と警告が出されていたにもかかわらずなりふり構わず莫大な¨小切手¨を切ったことで、今後、イギリスは独立運動を抱える国から白い目でみられることになり、もはやイギリスは一流の国ではない』

今回のゴタゴタでイギリスが失った威厳は香港返還時のレベルとは比べものにならない位大きく、イギリスはロシア制裁でロシアマネーを失い今後不動産暴落も避けられない中、ポンド暴落という、悪夢のような状態に追い込まれるかも知れません。

本来なら、『スコットランド独立?どうぞ勝手にやれば。イギリスは関係ないから』というスタンスでよかったはずなのですが、何故急に慌て出したのでしょうか?

あるエージェントの話では、独立賛成派の後ろにロシアの影が見えたからだと言われています。

今のキャメロン政権は、イギリスの情報部員を徹底して冷遇し解雇しており、イギリスの情報収集能力は皆無とも言われており、政権はロシアの動きに全く気づいていなかったと言われているのです。

ドタバタ劇を演じたイギリスですが、どちらに転びましても、イギリスが失ったものはとてつもなく大きいと言えます。
どうせうまくいかないと思っていたスコットランドの独立問題が、もしかして独立賛成派が勝つのではないかと思い始め、慌ててあれこれと甘い蜜(小切手)を出し始めたのがイギリスです。


端からみていてみっともない(ヨーロッパの外交官)位、あわてふためいているイギリスの姿は、とても大英帝国、紳士の国とは思えないとも揶揄されています。

挙げ句の果てには政治的発言はしないことになっていますエリザベス女王まで引っ張り出してくる有り様で、ここまでくれば、独立賛成派が負けましても、政治的、経済的にはスコットランドは十分勝利したことになります。

昔、カナダのケベック州が独立するとして、レヘェレンダムを実施し、何度かトライしましたが結果は僅差で負けていましたが、その投票毎に、国から¨甘い蜜¨が与えられ、ケベック州はカナダでは有数の経済的に裕福な州になったのも事実であり、その功績を称え、独立運動を主導したケベック党の党首であるレネレベック氏の名前が¨通り¨につけられたほどです。
島風ちゃんの格好、女装男子の隠したい場所、いわゆる骨が目立つ部分を全て隠すんだよね。手先とか肘とか膝とか。なおかつ肌色率高い。ぜんぶ満たしてて、ほんと偶然なんだろうけど、すごい女装男子向け。